Blog

2017年10月1日

鬼瓦と鬼塚さん

10月になりました。

衣替えのシーズンです。今日からお坊さんの衣も冬衣になります。

今日からはならぁとの作家さんの鬼塚良昭さんが宇陀に来られます。

鬼塚さんは4年前のはならぁとに参加されてからの4年ぶりの宇陀訪問です。

4年前鬼塚さんの会場だった町家は今はカフェエクボに生まれ変わりました。(ここから3枚は2013年の写真です。)

これが今のエクボの中庭のところです。

鬼塚さんの2013年の時の作品とか

被っているのは4年前の次女です。この子ももう中学1年生に。

 

今回も滞在制作をされるということで他のはならぁとのメンバーより先に今日から現地入りです。

今回の期間中の滞在先は報恩寺になりました。

到着されるなり「ちょっと竹やぶに入らせてもらいます。」と竹やぶの方へ。

どうやら掃除用の竹箒を作ろうとされたのですが、あいにく適当なものがなく、でも早速作品ができあがりました。

そして、夕方から歓迎会をはならぁとのメンバーで行いました。

今日は明日から皆さんお仕事ということもあってあまり参加者はおらず、大人と子どもの参加比率が一緒になりました。

「こんな鬼がいっぱいあるところだとは前回気が付かなかった」と鬼瓦の多さに感心されていました。まさしく鬼の塚であります(笑)

とても魅力的な方なので、是非皆さんお見知りおきのほどよろしくお願いします。

お互い無理のないようにと鬼塚さんは鬼塚さんで自炊されますので、一緒に夕ご飯を食べていただく方大募集です!

はならぁと
About oshousan

報恩寺の住職です。