Blog

2017年11月20日

環境改善作業報告 2017.11.20

久しぶりに環境改善の作業日となりました。

この人達はハシゴというのは使わないのです。砂利のところに見える煙突は暖を取るための薪ストーブの煙突です。
まずは、本堂の前の下の写真の中心のエリアの剪定です。こちらがビフォー。

そしてこちらがアフター写真。前で後ろを隠していたヒノキを切りました。そして、それぞれを整えていきました。本堂もよく見えるようになり、とてもいい雰囲気に変わりました。

こちらは逆方向から見たアフターの写真です。

 

続いて、伸びすぎているサルスベリの剪定をしてもらいました。こちらがビフォー。

そしてこちらがアフター写真。上の部分がスッキリして風通しも良くなった気がします。

これは縁側から見た写真。アセビも少し刈りました。

 

そしてあとは本堂と客殿の間の中庭の剪定をしました。こちらはビフォーを撮り忘れていました。グミの木とイヌザンショの木を切って桜だけ残しました。

 

これは何をしているかというと、石で囲っているところを一部外してしまって、風と水の流れをよくしました。ここは石で囲っているだけではなく、石と石の境もコンクリートで固めているので、全然水や空気の流れ道がなかったのです。

そのうち苔が覆ってきて外したことも気にならなくなると思います。

今日は生憎のお天気で午前中しか作業できませんでしたが、個人的にはやってもらいたかった部分に手を加えてもらえてとても満足しました。とても気持ちよくなった気がします。

次回の作業日は2017年11月27日月曜の予定です。

環境改善
About oshousan

報恩寺の住職です。